2008年10月18日

健康運動指導士とは

健康運動指導士とは、昭和63年(1997年)から厚生大臣の認定事業として進められた育成・資格制度です。健康的な生活を送るための適正な運動習慣のプログラムを作成・指導できることを認める資格。最近では、話題の生活習慣病やメタボリックシンドローム対策に貢献するとして、注目を集めています。

的確な知識(体育系大学及び医学部卒業者、看護士・理学療法士・栄養士などの有資格者)と経験(1〜2年の実務経験)を併せ持つものが該当講座を受講した後に受験した試験に合格することで健康運動指導士の資格が得られますが、平成19年(2007年)からは、看護士や栄養士などの事前取得資格のレベルや実務経験の内容によっては、受講科目の免除があるなど早期の人材育成が求められています。

日本人の死因を見れば、健康運動指導士の必要性がわかります。その上位である脳卒中や心疾患は、脳内や心臓部の血流が詰まったり、血管が破れることで起こる重病です。その原因となるのは、肥満・高血圧・高脂血症・高血糖が作り出すドロドロ血です。それらの症状を併せ持ってしまうことが、メタボリックシンドロームで、その予防・対策になるのが、運動不足の解消なのです。

実際に症状の出ている方のサポートを病院や老人・介護施設で行なうだけでなく、フィットネスクラブや学校などで予防策を広めるためにフリーで活躍する人も増え、適切な運動の習慣化定着に力を発揮し、その活躍の幅を広げています。

健康関連サイト
猫背を矯正して姿勢美人
エコノミークラス症候群について
腎臓病の食事療法
レーシック手術でメガネ・コンタクトにさようなら
心筋梗塞について

お気に入りの情報ブログ
気になる情報BOX

posted by zatugakubox at 16:19| 健康・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

ビジネス実務法務検定について

ビジネス実務法務検定とは、複雑化する経済社会にあって企業においては各種法律の把握や法律を守りトラブルを未然に防ぎ健全な企業活動を行なうことが社会から求められているなかで、コンプライアンス(法令等遵守)能力を持った人材を育成するための試験です。

会社の中での法務部署に限らず、契約や仕様の締結などあらゆる企業活動において法務知識は必要です。モラルや倫理観の欠如といった不祥事が絶えない時代において、各自が法務知識を習得しておく必要性が増してきました。

この検定受験レベルは3段階あります。下から3級・2級・1級となります。3級は基礎的法務。2級では、実務的な法務。そして1級は、論述も含めた試験であるため高度な知識と実務経験が必要となってきます。就職活動をする学生や転職を考えているビジネスマンは、まず3級の基礎的試験にトライするとよいでしょう。

受験勉強をするにあたっては、公式テキストが用意されていますのでこちらを活用するのが良いでしょう。過去問題集も用意されています。過去の傾向と今後の流れを把握しておく必要があるでしょう。注目されている試験ですので、合格後も実務経験を経て2級・1級とトライしていくのもよいでしょう。

資格関連サイト
危険物取扱者試験
作業療法士
貿易実務検定
ウェブ宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランニング技能検定試験

お気に入りの情報ブログ
知って得する雑学の館

posted by zatugakubox at 20:31| 資格・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

ムコ多糖症という難病

小児難病にムコ多糖症という病気があります。生まれつき体内で、酵素ができなかったり、またできていても通常よりも少ないといった障害を起こす病気です。この酵素と呼ばれる物質ができないと正常な代謝ができないことになり、そのことが原因で様々な障害が起きてしまいます。このような病気のことを「ライソゾーム病」と呼びます。

ムコ多糖症は統計の数値から見ると、約5万人の新生児がいたと仮定した場合、1人がムコ多糖症にかかると推測されています。何らかの異常が遺伝子に起きて体内の代謝物質である「ムコ多糖」を分解して排出する酵素が存在しないので、ムコ多糖が体内にたまっていきます。このように日々進行して行くのがムコ多糖症という病気です。

数年前まで、ムコ多糖賞に対する有効な治療方法と言えば骨髄移植という方法しかなかったのですが、最近になって欧米では新しく安全な治療方法が研究開発され、欧米に限った話ですが認可され始めているようです。骨髄移植の場合ですと、副作用として拒絶反応などがあり、せっかく骨髄移植を受けた患者さんも治療療養中に不幸にも亡くなってしまう方もいました。

医師を含めて多くの方はムコ多糖症と聞いて、いったいどのような病気なのだろうか、と思うはずです。ましてや我が子がこのような体でこの世に生を受けたと考えると納得できないでしょう。しかし医療は日々進歩し続けています。アメリカのセントルイス大学と島根大学では、生まれて間もない新生児のムコ多糖症を診断する検査技術の開発が行われています。治療を開始するのが早いほど治療効果も高
健康関連サイト
ジョギングをはじめよう
インプラントについて
キシリトールで虫歯予防をしよう
舌の病気について
ワキガ(わきが)の原因と治療法
魚の目(うおのめ)を治療しよう

お気に入り情報サイト
日々向上 生活の知恵

posted by zatugakubox at 19:09| 健康・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。