2009年01月15日

ガングリオンの治療方法

ガングリオン治療は神経の圧迫により、痛みを生じたときや、見た目が気になる部位にできた場合に行われます。しかし、基本的に悪性腫瘍ではないので、放っておく場合がほとんどです。ガングリオンは原因がはっきりとは解明されておらず、治療も対処療法が中心になります。

ガングリオンの治療には、たいていの場合、注射でガングリオン内のゼリー状の液体を吸い出すという方法がとられます。他にも圧迫してガングリオン自体を潰してしまうという方法もあります。しかしこれらの方法ではガングリオンの根がとれず、再発する可能性が高いといわれています。

ガングリオン治療を続けていても何度も再発するようでしたら、思い切って手術を受けるのも1つの方法です。手術では皮膚の下に隠れている、ガングリオンの袋を取り出すことになります。しかし施術中にガングリオンを覆う薄い膜が破けると、根が全てとりきれず、また再発してしまうこともあるそうです。

ガングリオンの治療方法として注目され始めているのが、低出力半導体レーザーを使用した方法です。この方法では再発率が他の治療法に比べると格段に低くなっています。ただし即効性のある手段ではなく、ほぼ毎日、1〜2ヶ月に渡って患部にレーザーをあてることになります。

【PR】
βグルカンサプリメント | βグルカンサプリメント | 腰回しダイエット | セルライト対策 | ロクシタン シャンプー |

おすすめ雑学ブログ
あんな雑学 こんな雑学

posted by zatugakubox at 19:48| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。