2009年06月20日

はなまるレシピのカルボナーラ

はなまるマーケットで「男の料理」と題し、司会の薬丸裕英さんが「カルボナーラ」を紹介しました。「カルボナーラ」は、代表的なパスタ料理の一種で、クリームソースに浮かぶ黒胡椒を炭に喩え、イタリア語で「炭焼き職人」という意味です。カルボナーラは、生クリームや牛乳を使うこってりとしたソースです。

はなまるでは、ダイエットや、しつこいさが苦手な方用に「生クリームも牛乳も使わないヘルシーなカルボナーラ」を紹介しました。これは「ラ・ベットラ ペル トゥッティ」の加藤シェフのカルボナーラレシピです。牛乳も卵も使わないカルボナーラは、本当においしいのかな・・・?。でも、安心。はなまるマーケット司会の薬丸さんの口から「これおいしい!」と自画自賛の声が出ました。

<材料>(2人分)スパゲティ(1.4mm)…120g 。ベーコン…50g 。卵…2個 。粉チーズ…大さじ3 。塩…2つまみ 。黒コショウ…適量 。レッドペッパー…適宜。 オリーブ油…小さじ2と1/2 。水…160cc。

カルボナーラ(Carbonara)は、「炭焼のパスタ(炭焼職人風)」といわれるパスタソースの一種。…典型的には、ベーコンとニンニクをバターで炒め、それに生クリーム、チーズ、卵黄を加えてソースとする。非常にこってりとしたソースであるため、パスタには太くて平たいフェットゥッチーネ (タリアテッレとも)が用いられることもある。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)



端午の節句 | 北欧家具 | 電動自転車
posted by zatugakubox at 18:03| 生活・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。