2009年06月27日

風水と鏡

鏡は風水では、陰気・邪気を反射して部屋の中に入れない為のものです。鏡は昔から三種の神器にも入るほどで、神のご神体の一つとして扱われるほどとても貴重なものです。風水では、鏡には「悪い気」を散乱させるパワーが有ります。しかし同時に良い気も跳ね返すということもあるので、気の入り口である玄関には正面に設置せず、左右に置くのが良いといわれています。

玄関では、「左に飾ると金運がアップ」し、「右に飾ると地位・名誉が高まる」といわれていますが、この両方をアップしたいからと言って左右に置くのは鏡の向かい合わせで風水上良くありません。逆に運気が下がってしまうので注意しましょう。寝室では、ベッドに向いていると安眠ができなくなり、疲れが取れないばかりか、夫婦仲にも良くありません。寝姿が映らないように置きます。鏡を使わないときはカバーをかけるといった工夫が必要とされています。

鏡は、寝室扉の正面にあっても、陰気・邪気を反射して寝室に入ってしまい、寝ている時陰気・邪気を吸い込んで、運気が下がってしまう恐れがあります。風水では八角形の鏡は勝負に勝つパワーを持つといわれ、「世界」を表す形でパワーが集まると言われています。

黄色、ゴールド、白色のフレーム枠の八角形鏡がインテリアとしてもかわわいいと人気になっています。また、風水で鏡は、北に鏡を置くとしっかりと財産を守り、南に鏡を置くと魅力アップに効果があり才能アップで収入もアップするといわれます。



アンティーク家具 | オスカー:熱帯魚 | シャープ:空気清浄機
posted by zatugakubox at 09:42| 生活・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。